令和初!有松天満社神前結婚式

2019年5月

有松は日本遺産に認定されました

そして

9月15日

そんな有松で1組のカップルが挙式を挙げました

新郎様は古くから伝わる

有松天満社の秋の大祭で

山車が出るのをお手伝いしてる方

ゆかりのある地元でということで

『有松天満社』で挙式を行いました

これは自身達のためもありますが

この結婚式をきっかけに

天満社・有松という街が盛り上がるといいな

という地元愛で溢れています

そんなお二人に本当に感謝で

家族だけの挙式を神前式で行うのは

たくさんの神社から選ぶことができます。

ただ有松天満社では

有松の氏神というだけではなく、

境内には天満社以外に

伊勢神宮

京都伏見稲荷

香川金比羅宮

などの5つの脇社、下の広場の横に一社

合計合計6つの末社が祀られ

その地に行かなくてもお参りができ

学問上達 病気平癒 水難 火難 難病除去 子孫繁栄 厄除け 縁結び 家内安全 商売繁盛 生命力向上 勝ち運 諸願成樹 夫婦和合 金運向上 開運招福を

結婚式でお祈りすることができる

そして世界にひとつだけ花嫁衣装

「有松総絞りの打掛」

を着ることができる

これは他にない良さだなと改めて実感しました。

貴重な衣装に身を包み

たくさんのご利益がある場所で

結婚式ができる


名古屋が誇る伝統工芸

「有松絞り」の街で


結婚式を

ただ近いところとかではなく


意味のある場所で

大事です

家族だけでも

愛のある場所で














150回の閲覧

最新記事

すべて表示